FC2ブログ
頂きました☆
女の子エログランキングのまゆさんから頂きました!これを機会にいろんな人とお友達になりたいな♪
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム


管理者ページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まゆを応援してね
他のエッチな女の子もいるよ☆
Category(スポンサー広告)  
 
トイレで…
私はトイレの狭い空間の中で彼にキスをされました。

彼の舌が私の口の中に入ってきて、私の舌に絡めてきます。

酔っ払ってたってこともあって、私の頭の中はボーっとしてきちゃいました。

「ダメだって…」

彼をトイレから出そうと思っても、体に力が入りません。

彼は私の服の中に手を入れてきて、私のブラジャーのホックは簡単に外されちゃいました。

彼は私の上着をめくり上げて、おっぱいを触ってきました。

「ぁん…恥ずかしいよぉ…」

私の声が聞こえてないのか、彼は夢中で私のおっぱいを触ってきます。

あんまりしつこくおっぱいを触ってくるので、私のおっぱいは敏感に感じてしまいます。

「ふぁっ…ダメ…」

彼は私の乳首を甘噛みしながら、もう片方の乳首を摘んだり引っ張ったりしてきます。

もう私のおまんこはトロトロになってて、エッチな汁がたくさんおまんこから出てきているのがわかりました。

彼の手が私のスカートの中に入ってきて、私のおまんこをパンツの上から触ってきました。

(トロトロなのがバレちゃうよぉ…)

「あれっ?まゆちゃん、もうこんなに濡れてんの?笑」

彼が私の耳元で言いました。

「俺のも気持ち良くしてよ!笑」

彼はそう言うと、自分のズボンを下ろしておちんちんを出してきました…


続きは、また今度!


励みになるんでクリックお願いします。

応援よろしくね 
全国風俗情報検索「おとなゲート」
ブログの惑星
まゆを応援してね
他のエッチな女の子もいるよ☆
Category(浮気TB(0) CM(2) 
 
消えない寂しさ
長い間キスをして、もう私のおまんこビショビショになってしまっっていました。

彼の手が胸に下がってきて胸を揉まれ、首筋を舐められながらブラをたくしあげられて、乳首を舐められて・・・

何も考えたくないのもあって、すごく感じてました。

そんな私を察したのか、

「まゆちゃん、ほんとにいいの?」


「・・・いいよ。」



彼はすごくやさしくて、クリトリスをこねくりまわすように触って、クンニしてきました。

舌でクリトリスを転がされて、

「あっ・・・ゃっ・・・・・・イっちゃうよっ・・・」

何回もイカされちゃいました。


「まゆちゃん、俺我慢できない、入れていい?」

「・・・うん、きて」

あの時以来の、彼のすごい大きいおちんちんが入ってきました。

「あっ・・・すごい、おっき・・・・」

奥まで入っていきなり激しく突いてきて、

「あっ、あっ、あっ・・・・!!」

一緒にクリトリスもいじられて、わけがわからないくらい気持ちよくて、自分からも腰をふってました。

「んっ、あぁっ・・・気持ちいい・・・」

彼は何も言わずピストンを早めていって、

「・・・まゆちゃん、イっていい?」

「私もイッちゃぅ・・・!」

20070406171708.jpg


二人してイッちゃいました。



終わっって彼は煙草を吸いながら、

「ごめんね」

「あやまんないでいいよ」

どことなく気まずい空気・・・

その時、

♪?♪?♪?♪ 「着信 ○○○」


彼氏からでした。

私がどうしていいかわからず、出れないでいると、

「・・・切っちゃえよ」

「・・・・・・・・」

  ピッ。

電源を切られてしまい、私に

「俺にしなよ。 マジ付き合って。」

と言いました。

私は彼の目を見ることができず、

「・・・考えさせて」

と言って、家を出ました。


まだ答えは出せないでいます。


浮気はお互い様なハズなのに、なんでこんなに寂しいんだろう。


励みになるんでクリックお願いします。

応援よろしくね 
全国風俗情報検索「おとなゲート」
ブログの惑星
まゆを応援してね
他のエッチな女の子もいるよ☆
Category(浮気TB(0) CM(4) 
 
続きだよ
公園に行ったら彼がもうベンチに座って待っていました。

「ごめんね。待たせちゃったかな・・」

「来てくれてありがとう。まゆちゃんメール見てくれた?」

「見たけど・・・」

正直もう男の人の事を信じる事ができません。。

みんなエッチしたいだけ・・・

ホントは心の中で何を思ってるかわからない・・・

でも彼がラブホに行ったのに手を出さなかったのは本当だし・・・

でもそれも考えあっての行動?

色んな事を考え過ぎて訳がわからなくなっていました。

結局まだ彼氏とちゃんとお話もしていないのに付き合う事を了承するなんてできませんでした。

「わかったよ。まゆちゃんの気持ちに整理がつくまで待つから。ゆっくり考えてね。一緒にいる中で徐々に好きになってくれたら一番嬉しいな。」

彼はそう言ってくれました。

疑う気持ちも持っていたのですがその時は素直に喜べました。

そしてそのお話は終わりにして普通にバイトの事とか普段の事とか色々な事を話していました。

突然彼は私にキスをしてきたのです。

彼の舌が私の舌に絡み付いているうちに何故かまた涙が出てきてしまいました。

彼が心配そうな顔をして見ているのがわかりましたが何も言ってきませんでした。

ただ私を抱きしめて頭を撫でてくれていました。

私は彼の腕の中で無言のまま頷きました。

「ねぇ、うちに来ない?・・・今日はやけじゃないよ・・」

彼も黙ったまま頷きました。
そしてゆっくり立つと手を繋いで私の家へと向かいました。

私の家に着くと彼をベットへ座らせて私は冷たいミルクティーを差し出しました。

彼は煙草を一本吸い始めました。

「まゆちゃん、俺本当に好きになっちゃったよ」

この時は彼の言葉が嘘か本当かなんてもうどうでも良かったんです。

今心の隙間を埋めてくれる人が必要でした。

彼がまた私にキスをしてきました。
こんな事を思っているのに私のおまんこじわーっと熱くなってしまいました。


続く・・・


励みになるんでクリックお願いします。

応援よろしくね 
全国風俗情報検索「おとなゲート」
ブログの惑星


まゆを応援してね
他のエッチな女の子もいるよ☆
Category(浮気TB(0) CM(0) 
 
彼の浮気
昨日のお話をします。

昨日は彼の家に遊びに行ってました。
彼とエッチをした後疲れたみたいで彼は寝てしまったのです。

私もウトウトしていたのですが何か携帯が光っているような気がして目が覚めました。

よく見ると彼の携帯でした。

・・・サイレント?

なんでマナーモードじゃないんだろう??

普段サイレントにはしていないのにとても不思議でした。
そしてしばらくしてまた光りだしました。

それが何回も続いたので携帯を開かずに閉じた状態でサブディスプレイを覗いてみました。

ミミ

って表示されていました。

怪しすぎます・・・

数分置きに電話がなりメールも何通も送ってきていました。

しばらくしてやっと携帯が静かになったので携帯を見てしまいました。

彼の携帯は送信履歴も受信履歴も着信履歴も何もなかったんです。
あるのはさっき来たメールと着信履歴。

見ちゃいけないと思いながらミミちゃんからのメールを開いてみました。

『今から会えない大好きだよ

『ねぇ何してるの寝てるの早く起きてよ会いたいよ
そんなメールが7件も来ていました。

彼は浮気してたんだ・・・

私も浮気はしてたし当然の報いなのかもしれませんね。
怒りではなく脱力感でいっぱいでした。

浮気されててもいいから気づかせないで欲しかった。
勝手に携帯見といてなんですが・・・

明らかに携帯を見た事がわかる状態にして私は彼の家をでました。

ぼっ?と歩いていたら電話がなりました。
カフェのバイト先の彼でした。

「まゆちゃん何してんの?」

「・・・」

私は何も応える事が出来ずにそのまま泣いてしまいました。

「どうしたの!?何かあったの?今どこにいるの?すぐ行くから待ってて!!」

彼はこんな私に優しくしてくれました。
その場にうずくまって座っていました。

30分位したら彼が来てくれました。

「まゆちゃん大丈夫??」

私は黙って泣いていました。彼はその横にずっといてくれました。

「こんなトコにいても風邪引いちゃうよ。どこか入ろう」

私は黙って立つと歩き出しました。

一番近くのホテルへと足が向いていました。

「ねぇ。どこいくの?」

彼は付いて来てくれてたのですがしばらくして気づいたみたい。

「ヤケになったってしょうがないよ。」

「この前の続きしよ」

「そんな状態でしたって俺は嬉しくないよ」

そう言ったのですが一緒にホテルへ入りました。彼は

「泣き止むまで隣にいてあげるからね。何もしないから」

と言ってました。それでも本当はすっごく嬉しかったんです。

私は部屋の中でめいいっぱい泣きました。

彼はまゆちゃんが元気出るようにって私にカラオケを歌ってくれたりしました。

彼の優しさに浸っていました。

「もう泣き止んだ?せっかく可愛い顔なのにメイクが滲んでるよ」

彼のかけてくれる言葉一つ一つが心にじわ?っとしみるようでした。

「今度は一緒に歌おうかぁ!」

なんて言ってくれて一緒にカラオケを楽しみました。
気づいたらさっきまで泣き顔だったのに今の私は笑えてる・・・・

彼のおかげで元気が出ました。

本当に何もしないでホテルからでました。
彼はホントに優しくていい人です。家に帰ってから彼氏から連絡が来ました。

でも電話に出る事はできませんでした。

何回無視しても電話はかかってきましたがあまりにもしつこいので電源を落としてしまいました。

これからどうなるのかな??

無視してもしょうがないから一度は話ししないと。

でもそのタイミングは今じゃないのです。少し時間を置いてから話さなきゃ普通に会話なんか出来ないよ・・・



励みになるんでクリックお願いします。

応援よろしくね 
全国風俗情報検索「おとなゲート」
ブログの惑星

まゆを応援してね
他のエッチな女の子もいるよ☆
Category(浮気TB(0) CM(3) 
 
公園で・・・
公園で待ち合わせて数分遅れで彼が現れました。

彼は私よりも4つ年上

何か大人の魅力があります。

しばらくベンチに座ってお話をしていました。この日はとっても暖かくて少し気持ちが落ち着くようでした。

話している中で突然彼が

「まゆちゃんってかわいいね!すっごく俺のタイプなんだよね。まゆちゃんは彼氏いるの?」

「一応いますよ。〇君は彼女いるの?」

「いるんだよねぇ。でも彼女とは上手くいってないから別れようか迷ってるんだ・・・」

ちょっと彼女の話を聞いていました。

「まゆちゃんみたいな子が彼女だったら毎日楽しいだろうなぁ」

とか遠まわしに口説いてるのかな?なんて思うような事ばかり言ってきました。しばらくそんな会話をした後に

「まゆちゃん、ずっと外にいても寒いよね?俺の家来る?」

顔がタイプだったのでもっと仲良くなりたくて家に行こうか迷いました。でも

「私彼氏がいるから家には行けないかな・・・」

「そっかぁ。本当に彼氏想いなんだね」

納得してくれたようでした。なのに突然彼は私の顔に近づいてくるとキスをしてきました。

「彼氏いるのにキスしちゃったね」

そして私を抱き寄せました。
そのまま耳を舐められて首筋をいやらしく舐められてしまいました。

「・・あぁっ・・こんな所でダメだよ・・誰かに見られちゃう・・」

「じゃあ俺の家来る?」

「・・・」

黙っていると今度は私の胸を服の上から揉んできました。
そして私の手を引っ張って彼のおちんちんの上の辺りに持っていかれました。

ズボンの上からなのにおちんちんがものすごく大きくてビックリしました。私はついそのままズボンの上からおちんちんを擦ってしまっていました。

彼の手がスカートの中に入ってきました。パンティの上からクリトリスを上下になぞられると気持ちよくておまんこが熱くなっているのが分かりました。

「やめて・・人に見られちゃうって・・・」

でも彼は止めてくれなくてそのままパンティの横から直接おまんこを触ってきました。

「うわぁ、まゆちゃんもうこんなに濡れてるんだぁ。エッチなんだね」

クリトリスを弄られたりおまんこの中に指を入れられたりしていたのですが一生懸命声が出ないように堪えていました。

「まゆちゃんのこのエッチなおまんこに入りたいなぁ、ダメかな?」

私は気持ちよさで負けてしまいそうでした。

「〇君。私もおちんちん入れてもらいたくなっちゃった。でもねやっぱりダメな気がするの。その代わりお口でしてあげるから・・・」

彼と公園の公衆トイレの中に入りました。

彼のズボンを下げると本当に大きなおちんちんが出てきました。
興奮して咥えると大きくてお口の中がおちんちんでいっぱいになってしまいました。

20070328142145.jpg



裏すじを丁寧に舐めてあげると彼のおちんちんが時々ピクピクと動きました。

それで余計に興奮して激しくバキュームフェラをして上げてたらおちんちんがパンパンに硬くなりました。

そしておちんちんの先から真っ白な精子が出てきたので全部飲んであげました。

「まゆちゃんのお口気持ちよかったよ。今度は俺が・・・」

そう言うと彼は私の足を持ち上げるとパンティをずらしてクンニをしてきました。

「あぁっ・・どうして・・んんっ・・」

彼の舌使いは本当にいやらしくて溶けてしまいそうな程気持ちよかったです。

時々クリトリスを激しく吸いながら舌先でクリトリスを転がしたり今までにない程の快感でした。

「・・っあぁぁっっ・・クリトリスいっちゃうよ・・・」

クンニをされていってしまいました。

「まゆちゃんの中に入れるように頑張るね!今日はありがとう」

そう言われて彼とは別れました。
あんなに気持ちよくされちゃうと欲に負けてしまいそうです。。

エッチな事はたくさんしてきてしまいましたが今回はどうにかエッチはしなかったです。

でもまたこんな事をされてしまったら今度は欲に勝てるかわからないなぁ・・・

励みになるんでクリックお願いします。

応援よろしくね 
全国風俗情報検索「おとなゲート」
ブログの惑星


まゆを応援してね
他のエッチな女の子もいるよ☆
Category(浮気TB(0) CM(3) 
 
  MAIN  NEXT PAGE >

SEARCH THIS SITE
プロフィール

まゆ

Author:まゆ


もうすぐ19才の大学生です。ちょっと前に処女を捨てたのですが最近ではエッチにはハマっています…


カテゴリー
最近の記事
★応援してください★

応援してね
他のエッチな女の子もいるよ☆
ランキングに参加しています。。
良かったら押してください。


NO.1エログランキング[ガールズ(個人エログ)]

エログ-(エログランキング)

エッチな女の子いっぱいです♪

アクセスランキング
ブログ内検索
Templated by TABLE ENOCH


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。