FC2ブログ
頂きました☆
女の子エログランキングのまゆさんから頂きました!これを機会にいろんな人とお友達になりたいな♪
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム


管理者ページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まゆを応援してね
他のエッチな女の子もいるよ☆
Category(スポンサー広告)  
 
お風呂
金曜日の夜は、あの後氏の家に行ってご飯をご馳走になりました。

金曜日の夕食のメニューは、氏の手作りの豚キムチ炒め、和風サラダ、ご飯、お味噌汁でした。

氏の作る料理はヘルシーで美味しいので、私もいろいろ料理を教えてもらって覚えないと…

夕食も終わったので、お風呂の掃除をしてお湯を溜めて、一緒にお風呂に入る事にしました。

最近の私のマイブームなんですけど、キャンドルが好きなんです。

お風呂の電気を消して3?5個位キャンドルを用意して火を灯すと、丁度良い明るさでムードもあり、結構リラックス出来るんです。

が後ろで私が前になって狭い湯舟に一緒に入り、二人でキャンドルの火を見つめていました。

私が後ろにいるにもたれかかると、背中に何やら硬いものが当たりました。

「あれっ?また、おちんちん大きくなったの?」

ってに聞くと、彼は笑いながら

「大きくなった!俺も若いね!笑」

って言いながら、後ろから私のおっぱいを揉んできました。

彼は私の両方の乳首をつまんでコリコリして、背筋を舐めてきました。

「あふんっ…やっ、くすぐったいよぉ…」

そろそろ生理が近いのか、おっぱいがちょっと張ってきちゃいました。

あまり強く弄られるとちょっと痛いですけど、気持ちイイのとくすぐったいのが混ざって、私は狭い湯舟で身をよじりました。

彼はそのまま私のおまんこに右手を伸ばしてきました。

私のおまんこは、彼に触られる前からトロトロに濡れていました。

「あれっ?ココ、もうこんなになってるよ?笑」

彼が意地悪を言ってきたので、私は

「だって、おちんちんが欲しいんだもん!」

って言うと、彼は嬉しそうに

「入れてもイイ?」

って私に聞いてきたので、私は

「…いいよ。」

って言って、少し腰を浮かせてから彼のおちんちんを手に取って、そのまま自分のおまんこに入れちゃいました。

湯舟の中なのでおちんちんを入れづらかったのですが、奥までちゃんと入ると彼が腰を突き上げてきました。

「あぁっ…気持ちイイ…」

お風呂も暖かいけど、彼のおちんちんも暖かくて体の芯から暖まる感じです。

私はそのまま体を上下に動かすと、チャップンチャップンとお湯が湯舟からこぼれました。

彼は気持ち良さそうな顔をしながら

「生でしてるけど大丈夫なの?」

って、私の事を心配してくれました。

私は嬉しくなって、

「もうすぐ生理になりそうだから中に出していいよ!」

って言うと、彼は少し安心したような顔で腰を突き上げてきました。

「ぁっ…スゴイッ…」

彼のおちんちんが奥まで入ってくると、私の体全身に電気が走りました。

私はお湯の事は気に留めず、おまんこに集中して腰を振りました。

「ヤバッ…イっていい?」

彼のおちんちんおまんこの中ではちきれそうになっていました。

私もそろそろイキそうだったので

「うん…中に出してぇっ…」

って更に腰の動きを早くしました。

「あぁっ…イクッ…」

「キテ…私もっ…あっ…あぁぁっ…」

二人で一緒にお風呂の中でイキました。


余談ですが、長い時間お風呂に入ってエッチしてたので軽くのぼせちゃいました…

今日はこれから初バイトなので頑張ってきます!


エッチなまゆを応援してくださいね♪


全国風俗情報検索「おとなゲート」
まゆを応援してね
他のエッチな女の子もいるよ☆
Category(彼氏TB(0) CM(2) 
 
外人さんみたい!
昨日の夜、私のバイトの合格祝いに彼氏がご飯をご馳走してくれるというので、近くの公園で待ち合わせをしました。

私は少し早めに到着したのですが、彼氏は10分程遅刻をして待ち合わせ場所の公園に到着しました。

「ごめんね、待った?」

彼は急いで待ち合わせ場所に来たらしく汗をかいていました。

「じゃあ、行こうか?」

「えっ?どこへ?」

彼がどこへ行こうとしているのか、私は全く見当もつかなかったので彼に聞くと

「えっ?まゆの新しいバイト先だよ!」

って言って、私がバイトをする予定のカフェへ向かって歩き始めていました。

「えぇ?っ!?」

私はあまりに突然の事でビックリしてしまって、その場で立ち止まりました。

彼氏はスタスタ歩いて行きましたが、私が立ち止まっている事に気づくと

「何やってんの?行くよ!」

って私の手を掴みました。

「やだっ!恥ずかしいよ!」

私は拒否をしましたが、彼は私のバイト先に(と言うより、そのお洒落なお店に)興味があったらしかったので、私は仕方なく承諾しました。

お店に向かうために公園内を歩いていると、急に彼が手を引っ張って私を木陰に連れて行って

「まゆ、お店に行く前にお口でしてくれない?」

って言って、ズボンを下ろし始めました。

「えぇ?っ?…ここで?」

私はビックリして戸惑いましたが、私の気持ちとは裏腹に彼のおちんちんは大きくなっていました。

「…もうっ、しょうがないなぁ…」

私はあきらめてしゃがみ込み、彼の大きくなったおちんちんを握りました。

ビクンッ…ビクンッ…

おちんちんは硬くなって脈を打ってました。

私はおちんちんを持ち上げて裏筋から舌を這わせ、おちんちんの先っぽをチロチロと舌先で舐めました。

「んんっ…まゆ…気持ちいいよ…」

おちんちんの先っぽからしょっぱい汁が沢山出てきました。

私はその汁を舐めながら、手を使っておちんちんを上下にしごきました。

私はおちんちんが欲しくなってしまって、おまんこを濡らしながらおちんちんをしゃぶっていました。

「まゆ…やっぱり、まゆのおまんこに入れてもいい?」

彼は我慢の限界らしく、私を求めてきました。

「いいよ…入れて…」

私は木につかまり、パンツを下ろしてお尻を突き出しました。

彼はお財布の中にしまっておいたゴムを取り出すと、素早くおちんちんに付けて私のおまんこに入れてきました。

ズブッ…ズブズブッ…

「んっ…んっ…ぁぁっ…

私は気持ちよくて大きな声を出してしまいそうだったので、必死に声を押し殺していました。

彼は後ろから一定の速さのピストンで私を突いてきました。

「はんっ…あぁっ…ぁふん…

声を押し殺していても、喘ぎ声は漏れてしまいます。

彼も気持ちいいのか徐々にピストンの速度が上がっていきます。

「ぁ…ダメッ…イッちゃうよ…

私がそう言うと、ラストスパートをかけるように激しく突いてきました…

「イクッ…」

「やっ…イッ…イッくぅ?…あぁっ…

私と彼は同時にイッてしまい、私の足はガクガクで立っていられませんでした…

「何か外でエッチするのって外人みたいだね…?笑」

彼は笑いながら、足が震えている私に言いました。


このままバイト先のカフェに行くのはちょっと恥ずかしいので彼氏に頼んで後日にしてもらい、昨日はそのままおとなしく家に帰りました。





まゆも登録しているランキングサイトです♪



全国風俗情報検索「おとなゲート」
まゆを応援してね
他のエッチな女の子もいるよ☆
Category(彼氏TB(0) CM(0) 
 
彼氏の家の玄関で
昨日は、久しぶりに彼氏とデートしました。

夜に近所の駅で待ち合わせ。
私が着いた時にはもう彼氏は待ってました。

今回は時間が遅かったのでごはんは外で食べて彼氏の家へ。

彼氏の家に着くと、まだ玄関なのにいきなり抱きつかれました。
外は寒かったのですが、彼氏は温かかったです。

「久しぶりでなんだか興奮してきちゃったよ」

そういうと彼氏はいきなりキスをしてきました。

ちゅ・・・くちゅ・・・

初めはびっくりしてしまいましたが、
彼氏のいやらしいキスに私もだんだん興奮してきました。

そうしているうちに今度は私のを揉み始めました。

「はぁん・・・・まだお風呂入ってないよ・・・」

「もうガマンできないんだ」

そういうと彼氏は私のパンツを脱がせてきました。

mayu3.jpg


「先にお風呂入ろうよ・・・」

「まゆのだから平気だよ」

そういうと私の濡れたおまんこを舐め始めました。

ぴちゃ・・ぴちゃ・・・

「あっ・・やだ恥ずかしいよ・・・ぁぁんっ」

まだお風呂も入ってなくて恥ずかしかったんだけどすごく感じちゃいました。

そうしているうちに彼氏もズボンを下ろしておちんちんを取り出しました。
彼氏のおちんちんはもうビンビンに大きくなっていてびっくり。

「入れるよ」

彼氏はそう言ってコンドームをつけると玄関で立ちバックの格好でおちんちんを入れてきました。

「んぁっ・・ひぅんっ・・・」

彼氏はいきなりバックで激しく突いてきました。

パンッ・・パンッ・・パンッ・・・・

ずぶっ・・ずぶっ・・

「まゆ、俺もうイクよ」

ドクッ・・ドクッ・・

そういうと彼氏はおまんこの中でビクビクってしながらイってしまいました。

「よくあんなに興奮してたのにコンドームできたよね」

と言うと、

「子供が出来ちゃった時に一番大変なのはまゆだからね」

と、言いました。
彼氏は私の事をちゃんと大切にしてくれてるんだなぁって改めて思いました。

ランキングもよろしくね♪
まゆを応援してね
他のエッチな女の子もいるよ☆
Category(彼氏TB(0) CM(4) 
 
彼が寝た後に…
昨日は昼間からラブホのフリータイムで彼氏とラブラブだったので、そのまま彼氏のお家に行ってお泊りしちゃいました♪


昨日は昼間からラブホで沢山エッチして、帰ってきてからも彼の家でエッチをしたので、彼はイッた後にすぐに寝ちゃってました。

何で男の人ってイッた後にすぐ寝ちゃうんですかね?泣

私は興奮していたのか全然眠れなかったので、彼に悪戯をしようと思って彼のおちんちんを触ってみると、ビックリなことにまだギンギンに硬くて大きいままでした。

私は彼を起こそうと思って、悪戯心で彼のおちんちんを握ってシコシコしちゃいました。

ビクンッ!

って彼が反応したので起きるかなと思いきや、全然起きません…泣

ちょっと悔しくなったので、今度はおちんちんをパクッて咥えてみました。

チュパッ…チュパッ…ジュルッ…
彼のおちんちんは私のお口の中で更に硬くなっていき、先っぽからは透明な液体が出はじめて、ビクッビクッて脈をうってます。

でも、起きません…

私もちょっと意地になってきて、何とか彼を起こそうと思っておちんちんを弄っていたのですが、おちんちんを舐めていると私のおまんこはおちんちんが欲しくなってヌルヌルに濡れちゃってました…

今日生でするのは危険な日だと思ったので、私はオチンチンにコンドームを被せて彼の上にまたがっちゃいました。

私は彼のおちんちんを手に取って、自分のおまんこにおちんちんを押し当ててクリトリスにおちんちんを擦りつけました。

クチュッ…クチュッ…
って、おまんこのいやらしい音が狭い部屋全体に響いているようでした。

おちんちんをおまんこに押し当てたまま私は腰をしずめて、自分でおまんこに彼のおちんちんを入れちゃいました。

ズブッ…ズブッ…

「んっ…あぁっ…硬い…

彼の硬くなったおちんちんがおまんこの奥に入っていくと、私はクリトリスを擦りつけながら一生懸命腰を振りました。

「あんっ…あっ…ぁっ…はぁっ…

騎乗位で寝ている彼のおちんちんをおまんこに入れていると、私は彼を犯しているような感覚になって余計に興奮してしまいました。

途中で彼もビクッと反応するのですが、やっぱり起きません。

「あぁっ…ダメッ…イッちゃいそう…

グチュッ…グチュッ…

沢山いやらしい液体が、腰を振るたびにおまんこから溢れ出してきます。

「ダメッ…イクッ…あぁっ…

1.jpg


私は一人でイッてしまったのですが、彼は一回も起きずに眠ったままでした…笑

少し呆れちゃいましたが、ぐっすり寝ている彼の寝顔が可愛かったので私もまた彼の腕を枕にして、彼が起きる夕方前まで一緒に寝ちゃいました。

私は自分がイッた後そのまま寝てしまったので、彼が起きておちんちんにコンドームがついていたのにはビックリしていましたけど…笑


そんな日曜日。

皆さんはどんな日曜日をお過ごしですか?


エッチなブログランキングに登録中です
まゆを応援してね
他のエッチな女の子もいるよ☆
Category(彼氏TB(0) CM(3) 
 
フリータイム♪
昨日買ったローターを早速今日使う事になりました

せっかくだから今日はフリータイムラブホに行こうって事になりました。

久しぶりのラブホに私はウキウキしながら行きました。

お部屋はとっても綺麗な感じで雰囲気がありました。今日はココでエッチするんだなって心で思いながらまたテンションが上がってしまいました。。

20070224133102.jpg


私はすぐに浴槽にお湯をはりました。

お湯がいっぱいになるまでの間彼と一緒に部屋にあったゲームをやる事にしました。

・・・結構夢中になってしまいましたが早くお風呂に入らないとぬるくなっちゃうのでお風呂に向かいました。

私が先に浴槽に入って後から彼が入ってきました。

一緒にお風呂に入っていると体が温まってきてポケーっとしていました。

いきなり彼はお風呂の中で私のおまんこを触ってきたんです。

「きゃっ・・ビックリしたなぁ・・いきなり・・ぁあ・・んっ・・

だんだん気持ちよくなってしまいました。。

「うわぁ、まゆもう濡れてきちゃったね。お風呂の中なのにヌルヌルしてるのわかるよ。お湯で溶けちゃうけどどんどん出てくるね」

私は自然と彼のおちんちんを触っていました。
彼のおちんちんはすでにギンギンになっていました。

これから・・・

ってとこで彼は急にやめてしまったんです。

「なんで・・・??

と思って彼を見てみると

「続きは後でね。あっちでゆっくりしてあげるから」

と言われてしまいました。もうエッチモードに入ってしまった私はさっさと体を洗ってお風呂を出ました。

そして彼より先にベッドへ潜り込んで待機・・・

ガチャ!

彼が来たみたいです。彼はすぐにベッドへは来ないで何かゴソゴソしていました。

そしてやっと私の隣へ来ました。

彼に抱きつくと彼はいきなりキスをしてきました。

そして手は下へと下がりもうすぐ触ってもらえる…と思った時に

ヴィ?ン!!

ローターを手に隠してもっていたんです。
そしておまんこに当ててきました。

私は早くエッチがしたいという気持ちで一瞬ローターがある事自体忘れていました。

乳首を舐められたりしながらクリトリスローターで刺激されてもう気持ちよくていっぱい声が出ちゃいました。

目を瞑って感じているといきなり冷たいものがお腹に・・・

目を開けてみるとローションでした。ローションをたっぷり塗って彼は私の上に乗ってきました。

彼の体がヌルヌルと私の体に擦れて行くのが何とも言えなくておかしくなっちゃいそうでした。

しばらくそんな事をしていましたが私もお返しに彼のおちんちんをしごき出しました。

ヌルヌルしているので沢山上下に動かしてカリをいっぱい刺激してあげました。

「あぁ、ダメだよ。そんなにしたら入れる前に出ちゃうでしょ」

と言われて彼は私を押し倒して正常位で挿入してきました。

あまりにもヌルヌル過ぎてすんなりおちんちんが入ってしまいました。

彼の腰の動きがとっても早くなってくると気持ちよくて喘ぎまくってしまいました。

そんな私を見ていた彼はさっきまで使っていたローターを手に取るとクリトリスに押し当ててきました。

「あぁっ・・ダメ・・・そんな事したらイっちゃうよ・・あっ・・イク・・」

josidaisei.jpg


クリトリスを刺激されながらおまんこを突かれると今まで以上に感じてしまって私はすぐにイってしまいました。

「まゆのおまんこすっごいしまってきた。俺も行くよ。出すよ。」

そう言って彼もイってしまいました。私のお腹の上に真っ白な精子を出したのですがローションと混ざって相当エッチな感じになっていました。

その後シャワーを浴びてまたゲームをやったりカラオケをしたりしてフリータイムを満喫しました


またフリータイムで遊びたいな


エッチな女の子のブログ
まゆを応援してね
他のエッチな女の子もいるよ☆
Category(彼氏TB(0) CM(4) 
 
< PREV PAGE  MAIN  NEXT PAGE >

SEARCH THIS SITE
プロフィール

まゆ

Author:まゆ


もうすぐ19才の大学生です。ちょっと前に処女を捨てたのですが最近ではエッチにはハマっています…


カテゴリー
最近の記事
★応援してください★

応援してね
他のエッチな女の子もいるよ☆
ランキングに参加しています。。
良かったら押してください。


NO.1エログランキング[ガールズ(個人エログ)]

エログ-(エログランキング)

エッチな女の子いっぱいです♪

アクセスランキング
ブログ内検索
Templated by TABLE ENOCH


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。